教え子たちの成長 〜中学校の演奏会を訪ねて〜

 今日は前任校の卒業生たちが活躍する中学校の吹奏楽部の定期演奏会に出かけてきました。小学校で育てた子供達が、中学校でさらに音楽を愛好し続け、3年間の部活動の最後のステージで輝いている姿に、多くの感動を頂きました。その学校で完全燃焼させず、さらに音楽を楽しみたい、と思えるぐらいで次の学校に送り出す…学校教育におけるこうした活動は、社会に出るまで徐々に音楽性や技術が高まっていく、音楽記号でいうところの「クレッシェンド」である事が大事だと思っています。種を蒔き、才能を芽生えさせる…小学校は、ここまでできれば十分であり、それこそが役目…最近つくづくそう思うのです。

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

© 2019  TAKAHIRO KONASHI