4/9【拡散希望】コロナ休校による音楽著作権無償許諾など学校音楽教育に関する情報

最終更新: 8月8日

コロナウイルスの流行拡大に伴う休校措置に対し、オンラインでの授業の実施などの代替措置の検討が進められています。そんな中、音楽が特に関連する「著作権」に関し、2つの管理団体から特例措置が発表されています。コロナ休校中で在宅を余儀なくされている児童生徒に対し、授業に関連する音源や教材のインターネットによる送信を可能にするもので、オンラインでの音楽の授業に大きく道を開くものです。


1.日本音楽著作権協会

新型コロナウイルス感染症対策に伴う教育機関による公衆送信(教材データの一斉送信等)の無償許諾について


2.授業目的公衆送信補償金等管理協会

授業目的公衆送信補償金の補償金の「無償」による認可申請について


また、教育芸術社では、「臨時休業に伴う4月以降の授業対応について」と題し、3月休業中までの未履修分をどのように今年度の授業で補填するかや、「歌わない」や「リコーダーを吹かない」など、感染防止対策として音楽科の活動が制限されることに、教科書を使ってどのように対応して行くのかが掲載されています。授業が再開された時には、ぜひ参考にしたいものです。


教育芸術社


臨時休業に伴う4月以降の授業対応について(小学校)


臨時休業に伴う4月以降の授業対応について(中学校)



© 2020  TAKAHIRO KONASHI