top of page

2/2AI授業研究発表(戸田市音楽教育研究部授業研究会)


2/2(金)、文部科学省教科調査官の志民一成先生、AI作曲アプリ「CREEVO」の開発者である京都大学白眉センターの中村栄太先生をお招きし、本校で戸田市音楽教育研究部会の授業研究会を行いました。

私は授業者として、昨年7月に行ったAI作曲アプリCREEVOを用いて行った研究授業の報告を行いました。AI技術が社会に深く浸透しつつある今、学校教育現場においても、その活用の在り方を議論する時期に差し掛かっていると言えます。音楽授業でAIを用いる場合、どのような有効性や問題点があるのか、参会者によるグループディスカッションや、志民調査官・中村先生・私で行ったトークセッションを通し、白熱した議論が行われました。最後の志民調査官による指導講評では、音楽授業におけるAI利活用の考え方や方向性について、大変示唆に富んだお話を伺うことができました。

今回私が行った授業研究は、音楽授業におけるAI活用のスタートアップというべきもので、これから同じような実践が全国で行われてくると思います。AIの利点を活かしつつ、人間らしさの象徴である生の音楽活動をどう充実させていけばよいのか、今後も研究や発信を続けていきたいと思っています。

閲覧数:124回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page