4/18新校舎音楽室、グランドオープン!

工事開始から待つこと3年、ようやく勤務校の新校舎が完成し、新年度から運用が始まりました。3月下旬からのメチャクチャしんどかった引っ越し作業、そして新しい音楽室のチューニングを経て、いよいよ先週から授業を開始することとなりました。今回は新しい校舎、そして音楽室の様子をご紹介します。

まずは校舎から。本校の新校舎は4階建てで、隣接していた中学校が同じ校舎内に同居する「小中併設型」の校舎です。校舎内は明るく開放的で、各所に最新の設備を有しています。特筆すべきは、黒板やテレビが全く無いこと。各教室では前面のホワイトボードの上にプロジェクターが取り付けてあり、そこに板書を映し出しながらホワイトボードと併用して授業を進めます。


音楽室は校舎内に3つあり、一つは小学校、一つは中学校専用のもの、そしてもう一つは小中どちらも使用できる、準備室を無くして広い空間を確保したものになっています。大人数での合唱や合奏、身体を動かして行う活動での使用を想定しています。


音楽室にもホワイトボード上にプロジェクターが設置してあり、研究用のプロジェクターを併用することで、ホワイトボードいっぱいのスクリーンを実現しました。スクリーンいっぱいに映像を拡大して表示することもできますし、2つの映像・画像を同時に提示することもできます。

また、新しい音楽室は縦に長いのですが、大きなスクリーンでも後ろの方の座席に座っている子からは見えづらいので、50インチのテレビを左側面に設置し、前のスクリーンを同じ映像を映し出せるようにしました。


今年度最初の授業では、腕によりをかけた派手なオープニングムービーで各クラスの子ども達をお出迎え。子ども達から笑顔があふれていました。大成功!

(著作権に配慮し、映像のみとなっています。音楽はテーマパーク系のイメージ)


この音楽室、良いことづくしのようにも見えますが、意外と手狭で40人が音楽室に入るといっぱいになってしまいます…。また、床が白いので汚れがとても目立ちます。子ども達からは、「前の校舎の方が味があって良かった」という渋い意見も…。また、本来私はこのような椅子の配置はあまり好きではなく、カーテン側を前にした「合唱スタイル」で授業をしたいのですが、ホワイトボードとプロジェクターの位置からこのようなスタイルに妥協することに…。まあ、しばらくこの形で行ってみて使い勝手が悪ければアレンジを加えていきたいと思います。

これからこの音楽室でどんな授業が実現するか。ワクワクします!




545回の閲覧0件のコメント